アウトソーシングとは

 

アウトソーシングとは外部委託という意味で、企業などが自社のコストダウンのためや、企業としての中心業務へ専念するために、戦略的に専門業者へ外注することをいいます。 たとえば、社内の経理などで処理していた業務の一部を、それを専門的に扱っている外部企業に委託することで、コストダウンにつなげるといったようなことです。 業務の効率化や、人材確保や育成といった面での解放での利点があげられ、ほとんどの企業ではアウトソーシングを取り入れているといえます。
かつては、システム関連での業務委託が主体となっていましたが、近年では法的な業務や会計、教育などの部門で委託しているというケースも多く見受けられます。情報産業関連では、ITアウトソーシングとも呼ばれ、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク製品等の資源提供や保守、運営管理などのサービスなどがあり、これらを組み合わせマルチソーシングと呼んでいます。 あくまで専門業者に委託し、コスト削減を目的として行われることが多いのですが、選択する業者によっては請負側の違法派遣やコストの増加になる場合もあるため、慎重な見極めは必要であるといえます。 アウトソーシングの種類としては、社内の業務の一部を外部へ委託する処理委託型の一般的なアウトソーシング、実務業務のみを外部へ委託する機能雇用型の部分的なアウトソーシング、自社ではノウハウがないため業務を外部へ委託する組織雇用型の包括的アウトソーシングがあります。
近年では、業務請負業者の多くで、違法な労働者供給などの労使間トラブルが頻発したこともあり、国ではアウトソーシングにおいての監視を強めています。

▽管理人特選サイト
データ入力サービスをアウトソーシング委託出来る専門業者です >>> データ入力サービス

 

Copyright © 2014 アウトソーシングの豆知識 All Rights Reserved.